本格的なカレーはマジで簡単に作れる

カレーならいつでも作れますよ

先日「米粉のカレー・ルー」を作って、大好評で嬉しかったのですが、なんと、またしても家族からリクエストが入りました!

多分、新型コロナウイルスの感染拡大防止で外出の自粛が長く続いているので、あまり食事のメニューをあれこれ考えるのも面倒になってしまいます。

週一くらいカレーのような簡単なメニューを入れたほうがいいですよね。

私は毎日カレーでも大丈夫なくらいカレー好きですから、喜んでリクエストに応えました。

料理に慣れていない人でも、多分カレーくらいは作れると思うんです。

野菜を切って、肉を炒めて、水を入れて、ルーを溶かせば出来上がりますから小学生でも作れます。

ただ、我が家の場合グルテンフリーなので小麦粉が入っている市販のカレールーは使用できないので、小麦粉不使用のカレー粉に色々なスパイスを追加して作ることが多いです。

小麦粉を使用していない「米粉のカレー・ルー」なら、普通のカレールーと同じように使用できますから、めちゃめちゃ簡単にグルテンフリーカレーが作れるんです。

これ最高にいいです。

カレールーがなくてもカレーは作れるのよ

前回のカレーで「米粉のカレー・ルー」のストックは全て使い切ってしまいましたので、ルー無しでカレーを作らなければなりません。

しかし、ここは私の腕の見せ所ですよねw

なので、カレールー無しでも美味いと言わせるカレーに挑戦です。

米粉のストックはあるのですが、今回は「粉」無しで作ることにしました。

私はインドやスリランカ、ネパールの同僚からアドバイスを受けて自分なりにアレンジしていますが、メインとなるスパイスはコリアンダー、クミン、ターメリック です。

これらは比較的使うことが多いので、西葛西や秋葉原などのインド人御用達のお店などで安く仕入れています。

香りが独特なので心配になってしまう人もいるかもしれませんが、海外の方に言わせれば納豆などの方が臭いらしいです。

まあ、臭いものは大抵美味しいです

今回のレシピはこちらです

前回と対して変わらんけどw
タマネギ 3コ
じゃがいも 2コ
ニンジン 1本
りんご 1コ
トマト缶 1缶
トマトケチャップ 大さじ2
ローリエ 2枚くらい
コンソメ 1コ
ナツメグ 小さじ1/2
黒コショウ 小さじ1
シナモン 小さじ1
クミンパウダー 大さじ1
コリアンダー 大さじ1
ターメリック 大さじ1
チリペッパー 小さじ1/4よりも少なめ
ナンプラー 小さじ1
蜂蜜 10秒くらい
板チョコ 1/3
並塩 小さじ2くらい
水 1リットル
合い挽き肉

以前はタマネギを結構細かく切っていたのですが、最近は大きめに切ってしっかり飴色になるまで炒めるようにしています。

ニンジンとリンゴは擦り下ろして、肉とじゃがいもと一緒に飴色のタマネギの中にぶっ込んで炒めます。

焦げちゃう前にトマト缶を入れて残りの調味料とかスパイスもぶっ込んでグツグツ煮込んだら、味を塩で調整して出来上がりです。

今回の出来栄え

私的にはかなり美味しかったのですけどw

やっぱり「米粉のカレー・ルー」とミックスした方が美味しかったみたいです。

ルーだと日本的なカレーになるので、日本人にはそちらの方が合っているのかも知れません。

次回作るときには米粉を使ってトロミを加えてみたいと思います。