シャンプー使うのやめてみた

2018年8月11日

shampoo1

シャンプーをやめてみようと思ったきっかけ

若い頃、10年くらい美容院で働いていました。

子供が小さい頃はよく洗ってあげましたね、
お風呂場で膝に仰向けに乗っけてシャンプーしてましたから、
目にシャンプーの泡が入ることは一度もなかったですねw

カミさんはそんなことできないから、
子供達は私のシャンプーをとっても喜んでくれてましたっけ。

今では、自分の寂しくなった髪を洗うことしかないので、
特にジジイになって白髪混じりの薄い髪の毛をどうしようということもなかったんですが、
ブロガーズギルドの美容部で、
こんな情報入手しちゃったんです。

guild1

もちろん湯シャン知ってますよ。

随分前からシャンプーについては色々な意見がありましたし、
私も結構詳しいので興味はありましたが、
実践している人はあまり見かけません。

職場の同僚が以前やっていて、
数週間で臭いが気になるので断念したと言っていたのを思い出し、
半ばどんな感じかな〜と思いつつ、
その方の記事(東川かるはさんのブログ)を拝見しました。

湯シャンというのをご存知ですか?

素晴らしい!
ちゃんと実践されている!

とても参考になりましたので、
美容部で宣言した通り湯シャンを初めることにしました。

湯シャンを始めたもう一つの理由

私、肌が敏感なんです。

若い頃はクレンジングオイルやジェルを洗顔に使っていましたし、
保湿にも気を使っていました。

歳をとって脂ギッシュになってくると、
すっきり脂を落とせる洗顔料を使ったり、
様々なものを試したのですが、
昨年あたりから一切の洗顔料をやめたんです。

完全にお湯だけで洗顔することにしてから、
肌の調子がとってもよくなって、
脂ギッシュになることもなくなってきたんです。

あんなに洗顔料を使っていたのはなんだったのか・・・。

そのくらいお湯だけの洗顔は調子が良いんです。

今回湯シャンを始めるにあたって、
その効果を期待した背景には、
このお湯だけ洗顔の効果があったからなんです。

肌は全部繋がっています。

部位によって分泌物の種類や量も違います。

しかし、顔と頭皮であまりにも異なったケアをするより、
湯シャンを試して頭皮に対しても刺激を軽減してみようと思ったのです。

ブラッシングの重要性

早速7月13日の朝から湯シャンを実践してみました。

guild2

我が家の女性陣は誰もちゃんとブラッシングしないので、
ブラッシングブラシがありません。

買えばいいんですけど、
面倒だったのでデンマンブラシでブラッシング始めました。

ブラッシングってものすごく重要なんですよ。

美容学校に入って、髪の施術としては最初のうちに習うと思います。

私が通った美容学校では、
結構最初の段階でブラッシングを教わりました。

ちょっと勘違いをしている人がいるんですけど、
ブラッシングって髪をとかすことだけではないんです。

うちの家族はどうかな?
と思って聞いてみましたが、
誰も知りませんでしたw

普通教わらないもんね、
知らないのが当然かもしれません。

ブラッシングはいつやるのか?

朝起きたらやるんですよ〜
そして外から帰ってきたらやるんです〜

できれば髪を洗う前には、
絶対にブラッシングしたほうがいいんですよ〜

昔の人は毎日シャンプーすることが少なかったので、
ブラッシングしていたと言われますが、
シャンプーの前にもちゃんとブラッシングをしたほうが絶対いいと思います。

私が美容師だった頃、
それもインターン時代〜中間生くらいの時に接したお客さんの中には、
シャンプーは美容院でしかしない方とか結構いらっしゃいましたが、
セットしていたので、シャンプーどころかブラッシングすらしていないっていう・・・

中には犬のような匂いがしたお客様もいましたよw

ブラッシング=髪をとかす

と思っている方が多いと思うのですが、
実際には頭皮をまんべんなくマッサージして、
髪のほつれをとくだけではなく、
頭皮の余分な汚れを落とすという重要な役目があります。

なので、ブラシはしっかり地肌に当てて、
頭皮全体の血行が良くなるくらいにマッサージして、
入念に力を入れてブラッシングする必要があるんですよ。

参考になるような動画を探してみましたが、
一つも見つかりませんでした・・・・。

私が知っている方法は、
昭和のやり方なのかもしれませんが、
頭皮の温度が上がるくらいブラッシングします。

プレーンリンス

湯シャンでブラッシングと同じくらい重要なのはプレーンリンスです。

プレーンリンスというのは、
美容院で「お流し」とか「流しますね」と言って、
シャンプー台でシャンプーをつけずにお湯だけで流すあれのことです。

あのプレーンリンスってとっても大事で、
ただ濡らしているだけではなくて、
指を地肌に通して直接と頭皮をこするんです。

良くコマーシャルなどでモデルさんが毛先を優しく流していますけど、
あれじゃありません。

もっとゴシゴシ頭皮を洗うんですよ。

これは美容師さんでも上手な人じゃないと、
気持ちのいいプレーンリンスはできません。

私の勤めていた美容院ではシャンプーの試験があったので、
毎日水の入ったボトル(今でいうと500mlペットボトル)を降って、
練習していましたw
両手の力が均等になるように練習していましたねw

そのプレーンリンスが十分にできれば、
本当にシャンプーで頭皮を洗う必要がないと思います。

このプレーンリンスも参考になる動画を探しましたが、
正直良い動画がありませんでした・・・・。

湯シャンの状況

スタートが連休前日である13日の金曜日だったので、
連休明けの火曜日の朝にシャンプー剤を使用。

臭いが心配でしたが、
どうせおじさんですし、
指摘されなければ大丈夫かな〜と思って、
その週はそのまま週末までシャンプー剤を使いませんでした。

シャンプー剤を使う際も、
頭皮をケアが目的ですから、
シャンプー剤がなるべく地肌につかないように、
泡立ててから使うようにしました。

翌週も同じように続け、
こんなツイートしちゃいました。

シャンプー剤を使っていた時の方がかゆみが多かったと思いますが、
今は全然かゆみなどありませんw

ただし、頭髪に付着している油は落としたいんですよね、
ドライヤーで乾きにくくなっちゃいますからね。

なので、少量のシャンプーを泡立てて、
地肌につかないように頭髪だけにつけて、
再度プレーンリンスするようにしています。

その時使用するシャンプーですが、
洗浄力の強いタイプではなく、
アミノ酸の優しいシャンプーが良いですね。

臭いは自分では気にならないのですが、
電車やオフィスで迷惑をかけていないか心配ですけど、
今のところ世間からクレームは出ていません。

しばらく続けてみようと思います!